Liveについて


abletonLiveの最大の特徴はアレンジメントビューというCubaseやLogicなどのように時間に従って編集する画面の他に、セッションビューといい、取り込んだループ音源やMIDIを設定しDJのようにリアルタイムでつなげていきます。
この機能を生かしステージでのパフォーマンスにも十分使用できます。

abletonLiveシリーズの特徴

  • ライブやDJプレイにも対応できる安定性と操作性
  • 曲の音を一部切り抜く(サンプリング)が簡単にでき、リミックスに最適
  • 最初から豊富な音源や、ループ素材が入っている

ableton Liveの操作画面

一般的なDAWソフトと同じように左から右に流れていくアレンジメントビュー
他のDAWと操作も大きくは変わりません。

スクリーンショット 2013-12-08 22.34.38
こちらがリアルタイムに、MIDIで作成したループ素材や、オーディオループを組み合わせてDJのようにクリップをつなげ欲を作っていくセッションビュー 他のDAWにはない機能です。

スクリーンショット 2013-12-08 22.28.58

Ableton公式のチュートリアルビデオ

 

Liveシリーズのグレード

Liveは基本的な機能を共用した3種類のグレードがあります。

images Live Suite
Liveの最上位モデルです。
使用できるセッション数が無制限で、10種類のソフトウェア音源、50GBを超える音素材がバンドルされています。
他、多くのエフェクトが使用できます。
ループ素材などが多いほど、最初は作曲が楽なので、このモデルをおすすめします。

images-1 Live Standard

Liveの中堅モデル、3種類のソフトウェア音源、
11GBを超える音素材がバンドルされています。
別売りで音素材を増やし、Suiteににた環境を作ることも可能です。

Unknown-2 Live IntroLiveの入門用バージョンです。
Standardと同じく3種類のソフトウェア音現、4GBの音素材が付属します。
使用できるシーンやトラック数は少ないですが、1万円を切る価格で入手しやすいです。