ProToolsについて



ProToolsは安定性の高さから、レコーディングスタジオの定番です。 レコーディングスタジオの採用条件にも、ProToolsを触れることが条件になっていることが多く、圧倒的なシェアを占めています。
打ち込みなどの制作は弱かったのですが、最近はMIDI機能やソフトウェア音源も充実し、制作からレコーディングまでProToolsで行うプロも増えています。

ProToolsシリーズの特徴

  • 世界中のレコーディングスタジオの定番
  • ミキシングのしやすさは圧倒的
  • 音楽業界を目指すには避けて通れない。
  • 打ち込みには弱いイメージだったが、最近はソフトウェア音源も充実

ProToolsの操作画面

 

ミックス画面の見やすさは今までも定評があったのですが、
最近はソフトウェア音源の操作性もかなりよくなりました
スクリーンショット 2013-12-08 13.53.49

Protoolsでエレクトロトラック制作

 

ProToolsのグレード

ProToolsは ProTools HDを筆頭に、3種類のグレードから選ぶことができます。

ProToolsHD_Family_CoreSystem_ProToolsHDNative ProTools HD
ProToolsの最上位グレードです。
DSP内蔵のハードウェアセットでなければ買えません。
個人で所有できるような物ではないですが、圧倒的なオーディオ処理能力です。
Unknown ProTools

ProTool LEの後継にあたります。
ProTools9までは、専用のオーディオインターフェースがなければ使えなかったのですが、
ProTools10より単独で動くようになりました。
75種類以上のインストゥルメントや、8GBを超える音素材が入っています。

10010004571151765248_1 ProTools Express
ProTools ExpressはオーディオインターフェースのM Boxとセット販売です。
Mboxシリーズの音質は昔から定評があります。
ソフトウェア音源の数は上位グレードより少ないですが、
値段も安く、高品質な卓録を目指す方におすすめできます。