宅録のオススメマイク ボーカル編

マイクの選び方でマイクの種類を紹介しました。
今回は宅録でボーカルを録音する時にオススメのマイクを紹介していきます。

まずは、Shure SM58

世界中のスタジオ、ライブハウス、コンサート会場の定番のダイナミックマイクです。

基本設計は何十年も変わっていませんが、今なお第一線で活躍するマイクです。
このマイクのポイントは

  • 頑丈 かなり手荒く扱っても壊れない。
  • このマイクで100点の録音をするのは難しいが、つねに80点のサウンドをとってくれる。
  • 高音などは今時のマイクに比べるととりづらいが、暖かい音がとりやすい。
  • オールマイティーにいろんな物の録音に使える。

主にボーカル、スピーチ向きのマイクですが、カホンやパーカッションなどの打楽器、ギターアンプ、サックスやブラスなどのホーンものの録音にも使いやすいです。

続いてはAUDIX OM-5
こちらもダイナミックマイクです。
先ほどのSM58に比べると、低音をすっきりさせ、高音のヌケを強調しています。

また、このOM5は超単一指向性といって、音を拾うエリアが狭いです。
ですので、環境ノイズなどが拾いにくくなっています。

低音がすっきりしていてヌケがいい書きましたが、低域が少ないということは音が薄いということでもあります。
もともとの声質があっさりしている人にはお勧めできません。が、男性ボーカルのポップスなどは、音のヌケがかなり重要になってくるので、ポップスなどにお勧めします。
こちらも、ギターやホーンものの録音にも相性が良いです。

AKG C-214

このマイクは、C-414というレコーディングスタジオでも定番のマイク(1本8万円くらいします)
のダウングレード版です。 ダウングレードといっても、音はその系統をしっかり受け継いでいます。
音は色づけがなくナチュラルな音をしています。 特に特徴がない音といっていいのですが、そういう音がとれるマイクって、なかなかありません。  3万〜以上しますが、一押しマイクです。

ボーカルの他に、アコースティックギター、や生ピアノ、バイオリンなどの弦楽器、エレキギターなど、何にでも使える一本だと思います。

卓録におすすめなマイクの選び方

DTMソフトの操作にもなれ、実際に卓録をする時に必要になるマイク。。
マイクは音の善し悪しにとても大きく影響します!

DTMソフトの差など、マイクの差に比べたら全く対したこと有りません。
それぐらいマイク選びは重要です。 このページでは、マイクの選び方を説明します。

マイクの種類

音楽用のマイクで分類すれば、マイクは二つの種類があります。

1つはダイナミックマイク、もう一つはコンデンサーマイクと呼ばれます。詳しく説明しますが、大雑把に説明すると、

  • 音質 ダイナミックマイク<コンデンサーマイク
  • 安さ ダイナミックマイク>コンデンサーマイク
  • ダイナミックマイクは頑丈、コンデンサーマイクは繊細
  • コンデンサーマイクには電源が必要

となります。

 ダイナミックマイクは構造が簡単なので、割と安く買えて頑丈です。
プロがライブでよく使うものなどでも、Ⅰ〜3万程度で買えます。

対して、コンデンサーマイクは使うのに電源が必要だったり、構造上ダイナミックマイクより故障しやすいです。
以前よりかなり低価格でコンデンサーマイクも出ていますが、それなりの音を出せるマイクを選ぼうと思ったら、2万~は見ておいたほうがいいです。

ちなみにコンデンサーマイクを使って録音しようと思えば、オーディオンターフェースをファンタム電源を送れるものにしましょう。

マイクのスペックの見方

指向性
マイクには指向性といい、360°マイクの向きがどこを向いていても同じ音量で収録できるものを無指向性と呼びます。
逆に、マイクが向いている方だけを撮れるものを単一指向と呼びます。 レコーディングは基本的に指向性が有るものを使います。

周波数特性
マイクには周波数特性といい、音を拾える範囲(音の高低)や低音、高音、中域などそれぞれの音の拾いやすさをしめした表があります。 この特性によって、どの楽器に使いやすいか各メーカーで色づけしています。

audix_om33
上の画像はAudixのOM3というマイクの周波数特性です。 高域が持ち上がっているのが分かると思います。

 

宅録用マイクの選び方

一口にマイクといっても、ボーカルに適したマイク、ギターに適したマイクと多くの種類があります。
それぞれにオススメのマイクを紹介していきますので、参考にしてください。

コードについて コードの基本3和音

作曲をする上で欠かせないのが、コードです。
ここでは、いろいろなコードについて説明していきます。

コードとは和音のことで、その音の響きで、明るい感じや、暗い感じなどを表現できます。
音を重ねたら和音ですが、奇麗に響くようにするには、ある程度ルールがありよく使う分には名前がついています。

さっそくいろいろなコードの作り方を見ていきましょう!

3和音

まずは最もシンプルなコード 3つの音で作るコードです。 Cメジャーや、Cmなど、作曲をしていれば聞いたことが有ると思います。
スケールとは?で、全音、半音について説明しました。それを含めて説明します。
まずは音を聞いてください 1つめがCメジャー、2つ目がCマイナーです。

最初の音は明るい感じがして、二つ目は暗い感じがしませんか?

メジャーとマイナーコードの音の組み合わせは、次のように作れます。
スクリーンショット 2013-12-17 11.09.44

と、楽譜で見てもわかりずらいですが、ピアノロールを見れば簡単に分かります。

CM,Cm

 

このようにCメジャーなら基本のCの音(基本になる音をルートといいます) に、
半音4つ上と、ルートから7つ上の音でメジャーコード
半音3つ上と、ルートから7つ上の音でマイナーコードができます

この関係は、基本の音が変わってもかわりません。たとえばルートがEなら、、

スクリーンショット 2013-12-17 11.26.33ルートが変わっただけで、並びはかわりません。
つまり、コピペでOK!ってことです。
自分のDTMソフトで、ルートを変えたり、オクターブを上げたり下げたりして、聞き比べてみてください。

 

コード進行からメロディーをつける

 

前回の記事で、GarageBandで、コードを打ち込むまですすめました
今回は前回作ったコード進行に、メロディーをのせてみましょう。

いつものようにトラックを作って、新たにリージョンを作りました。

メロディーの音源はガレージバンドのClean Electric を使用しました。
これは歪んでないエレキギターの音色です。 最初はエフェクターなどかかってない状態でスタートした方がいいと思います。
スクリーンショット 2013-12-16 23.56.29

まず、一番簡単なメロディーの付け方、コードの構成音だけでやってみましょう。
コードの構成音だけでメロディーをつければ、まず外れることはありません(童謡ぽくなりますが。。)
例えば1小節目なら、コードはCなので、構成音は、C、E、Gです。
2小節目はGコードなので、構成音はG,B,Dです。

ちなみにコードの構成音のことを内音といいます。 オクターブは気にしなくてもいいです。
このようなメロにしてみました。

スクリーンショット 2013-12-16 23.52.25

コードの構成音のみで作ったので、2分で作れました。

かなり童謡ぽいですが、破綻はありません。
最初は難しいことをする必要はありません! なれてくれば、コード外の音も使えるようになります。
また、リズムを変えればまたかっこ良くなっていくと思います。

焦らず上達しましょう!

スケールとは?メジャースケール、マイナースケール

曲を作ろうとおもっても、適当に鍵盤を押しただけじゃ、なにかまとまりのない曲になりませんか?

まとまりを作るために必要なのがスケールです。

スケールの前に、音階について説明します。
音階には全音と半音というものがあります。下のピアノロールを見てください。
zenonhanon
上の画像は、良く目にするドレミファソラシドです。 画像を見て分かる通り、黒鍵も合わせて2個あがれば全音、1個あがれば半音です。 ミとファの間は黒鍵がないので、白鍵のみでも1個しか上がっていないのに半音上ということです。

メジャースケールって?

こちらはおなじみの「ドレミファソラシド」これは基本の基本でCメジャースケールといいます。

スクリーンショット 2013-12-16 12.04.17

C(ド)から始まって、白鍵だけを上に弾いていったものです。
これは先ほどの音階の話でいくと、全→全→半→全→全→全→半という並びになっています。
メジャースケール
つまり、全→全→半→全→全→全→半 という並びがメジャースケールです。

これはCから始まっているので、Cメジャースケールです。全→全→半→全→全→全→半 という並びを変えずに、最初の音を変えれば、メジャースケールのままキーを変えられます。
ちなみに、Eから始めると、下の画像のように、

スクリーンショット 2013-12-16 13.35.34

E→G♭→A♭→A→B→D♭→E♭→Eとなります。
Eメジャーの音も聞き比べてみてください。 音の高さは変わりますが、聞こえ方はそんなにかわらないと思いませんか?

マイナースケール

スケールのおおまかな分け方として、メジャーに対してマイナースケールというものがあります。
メジャーとマイナーはなんとなく聞いたことがあると思いますが、

  • メジャー → 明るい感じ
  • マイナー → 暗い感じ

と、良く言われています。

マイナースケールの構成は、全→半→全→全→半→全→全です
一度Cマイナースケールの音を聞いてみてください。


メジャーと比べて、若干悲しい感じになると思います。
ピアノロールではこんな感じの並びになります。
Cマイナースケール

 

これも同じく、この間隔をのまま、最初の音を上げ下げすれば、キーが変わります。

GarageBandでコードの打ち込み

それでは、前回のドラムに、コードをつけてみましょう。

詳しいコードの解説はおいておいて、今回は日本人が大好きなカノン進行を打ち込んでみましょう。
カノン進行の基本形は、C→G→Am→Em→F→C→F→G

ガレージバンドのピアノロールではこのようになりました。
スクリーンショット 2013-12-13 22.41.25

今回は一小節ずつ打ち込んでいます。

なんとなく聞いたことのある雰囲気ではないですか?
多くのヒットソングがこの進行で作られています。

簡単にコードの打ち込み

gbカノン進行

コードについての詳しい解説は、簡単作曲入門のコードのページを見てください。
今回は、簡単にコードを打ち込む方法を解説します。
今回のコード進行は、コードにメジャーとマイナーしか使っていません。

メジャーコードはコードの基本になる音  (基本になる音のことをルートと言います。)から4つ上の音(CコードならE)と7つ上の音(G)を同時に鳴らした物です。画像のように、数で数えて、ルートから4つ上と7つ上を同時にならせば、Cコードの完成です。

マイナーコードはコードの基本(画像の説明ではA)になる音から3つ上の音(C)と7つ上の音(E)を同時に鳴らした物です。

つまり、

  • メジャーコード  ルート + 4つ上の音 + 7つ上の音
  • マイナーコード  ルート + 3つ上の音 + 7つ上の音

で構成できます!  これは、ルートが何になってもこのままです。 例えば、 Gコードなら 基本のG+4つ上のB +7つ上のDで完成です。

なので、今回の場合だと、最初のCコードさえ作ってしまえば、コピペして、AmとEmの所の真ん中の音だけ、1音ずつ下げてやればOKです。

 

入門用にオススメのオーディオインターフェイス

ここではDTM、宅録の入門用にオススメのオーディオインターフェイスを紹介します!
オーディオインターフェイスのスペックの見方や、選び方はこの記事を参考にしてください。

入門用ですのでなるべく低価格(3万円以下)で、ギターやボーカルのレコーディングに適したものを紹介していきます。

1.TASCAM / US-144MKⅡ
スクリーンショット 2013-12-13 10.37.50

 

まず、入門用にオススメするのはTASCAMの144MKⅡです。

USB接続で、アナログ入力がXLR入力*2、フォーン*2、MIDIのinout、ファンタム電源や、ギター、ベース用の敗因ピーダンの入力への切り替えなど必要な機能が一通りそろっています。
また、デジタル(S/PDIF)の入出力がステレオ1系統ずつついています。
大きさの割につまみは安っぽいですが、操作性はとてもよいです。
価格が1万5千円をきりますが、音質も納得できる物です。また、CubaseLE5がバンドルされていてお得です。

オーディオインターフェースの選び方

audioif

オーディオインターフェイスの役割

オーディオインターフェースは、マイクを使ってボーカルを録音したり、ギターをDAWで録音するために必要です。
PC内蔵のサウンドカードにもインターフェースの機能はついていますが、自分が引いた音をリアルタイムで聞けなかったり、入力音量を細かく調整できないなどの不都合が起こるため、インターフェースが必要になります。

オススメのオーディオインターフェースはこちら!

オーディオインターフェイスの選び方

オーディオインターフェイスを選ぶポイントは

  • 接続方法 (USBか、FireWireか?)
  • 接続端子 (XLR? フォーン?  RCA? )
  • ファンタム(Mic用の電源)を送れるか?
  • 音声入出力数(何本のマイクの音を同時に取り込めるか)

などなど、選ぶポイントはたくさんありますが、最低限チェックする項目はこのあたりだと思います。
音質に関しては、10万円あたりまでは大きく変わらないと思います。

1.接続方法

こちらは、USBか、FireWireの他PCIという方法もあるのですが、PCI系で接続するものは、一般的でないうえ高価なっ機材が多いので、ここでの説明は省きます。

USBかFIreWireで選ぶと思うのですが、大きな違いはありません。
一般的にFireWireの方が音の遅れがないと言われていますが、Macの場合USBの方が早いとも言われています。
ですが、入出力数が2つ程度ならUSB1.0でも十分対応できる容量ですので、ギターとボーカルを録音するくらいなら気にしなくて大丈夫です。

2.接続端子

スクリーンショット 2013-12-13 9.34.36

 

基本的に宅録に必要なインプット端子は、マイクのささるXLR端子、ギターを直接入力できるフォーン入力が有ればいいと思います。
XLRはマイクケーブルで使用します。他、デジタル用のS/PIDF、XLRもキャノンもいけるコンボ端子と言われる物もあります。

3.ファンタム(+48V)を送れるか

スクリーンショット 2013-12-13 9.44.16ファンタム電源とは、コンデンサーマイクという電源が必要なマイクを使用する時に必要です。PHANTOMと書かれていたり、+48Vという表記で書いていると思います。 後々宅録をするなら必要な機能ですので搭載型のインターフェースをおすすめします。

4.音声入出力数

これは文字通り、何個の音を同時に取り込めるかです。
ギターや、ベースを録音するなら、2inで十分ですが、パーカッションやドラムをレコーディングしようとすれば8in程度は必要になります。
PCDJなどで使おうと思うのであれば、アウト数も4つは有った方がよいと思います。

オススメのオーディオインターフェースはこちらで紹介します

 

 

 

ドラムの打ち込み2 音の強さ(ベロシティー)簡単なおかず

前の記事で、一応リズムを作ることができました。
今回は、音の強弱(ベロシティー)と少しパターンを複雑にして、おかずをつけてみましょう!

ドラムパターンを少し複雑にする。
こちらは前回打ち込んだ、スネア、ハイハット、バスドラムのみで作ったリズムです。


スクリーンショット 2013-12-11 11.00.58
現在鳴らしているハイハットは クローズといって、閉じた状態です。

これに、オープンハイハットといって、ハイハットを開いた状態で叩いた音と、シンバルをいれてみましょう。
今回はこのように変更しました。

スクリーンショット 2013-12-11 16.59.49C2#がシンバル、Aがオープンハイハット、G#はハイハットを少し開いた感じの音色です。
あまり大きくいじっていませんが、多少かっこ良く聞こえませんか?

コツというほどでもないですが、2拍目、4拍目の頭以外に少し変わったことをすると、かっこ良く聞こえる場合があります。今回はスネアとキックは変更していませんが、スネア、キックをいじるともっと変化が出ると思います。

ベロシティーとは

ベロシティーとは音の強弱です。 MIDI音源は、この数値で音の強さをきめます。
MIDIキーボードを繋いでいる場合、キーボードを早く叩けば、強く、ゆっくり叩けば弱くなります。
ここで勘違いしてほしくないのは、ベロシティーは音の強弱であって音量の大きさではないということです。

音量を上げるときは、後ほど勉強するミックスの時に上げましょう。

ガレージバンドのベロシティの調整方法

Garagebandのベロシティ調整GarageBandでベロシティを調整するには、まず調整するノート(音符)を選んでベロシティーのバーを動かします。
ベロシティはMIDI規格で、0が無音 127が最大です。

ドラムのベロシティ調整

ドラムのベロシティーの基本的な調整ですが、今回は生ドラム+8ビートなので

ドラムのベロシティ調整このように強弱をつけました。
ハイハット+シンバルは1、3、5、7個目 つまり、それぞれの拍の頭を少し強く出して、裏を少し弱めています。
このように調整することによって、リズムにうねりを出します。
バスドラムは1発目を強く、2発目を弱くします。 これは人間の真似をしてバスドラムを2回目に鳴らすときは少し弱くなるためです。

音源はこちら

ベロシティーを調整する前の音と比べてみてください。
音にうねりがでて多少機械っぽさが減ったと思います。

 

 

ドラムの打ち込み 1 ベタうち、コピーペースト

前回の記事で作成した、ドラムトラックとリージョンを使ってGaragebandで早速ドラムを打ち込んでいきましょう!

今回は4小節分打ち込みたいと思います。
作成したリージョンの左下の方にマウスカーソルをもっていくと、リージョンの長さを調整できます。

これを4小節分にのばしましょう

gb5このリージョンをダブルクリックすると、画面下側にピアノロールが現れます。
ここに音を出すタイミングを入力していきます。

ピアノロールの打ち込み

MIDIとは?で説明しましたが、MIDIとは演奏情報を記録したものです。
なので、ガレージバンドのドラム音源に対しては、キーボードの低い「ド」(C1)がバスドラム、「レ」(D1)がスネア、「ファ#(F#)がスネアという風に割り当てられています。

この三つを使って、良く有るエイトビートを打ち込みましょう。

Commandを押せば鉛筆マークになるので、配置したいところをクリックしてノートを付けましょう

1小節作ればあとはコピーペーストで作れるので、とりあえず1小節だけ先に作りましょう。
スクリーンショット 2013-12-11 10.19.40

先ほど説明したように、C1がバスドラム D1がスネアです。
スネアを2拍、4拍目に置き、バスドラムを1拍目に1回 2拍目に2回鳴らします。
ハイハットは8回に刻んで鳴らします。

そうしてできた物がこちら

GrageBandのコピーペースト

gb6

まず、先ほど打ち込んだ、1小節目をすべて選択します。
コピーは、編集→コピーからもできますが、どうせならショートカットを覚えましょう command+Cでコピーできます。
次に、2小節目の頭(ペーストを開始する位置)にバーを持ってきて、command+Vでペーストです。

また、GarageBandやLogic、abletonLiveなどでも共通ですが、コピーするものを全て選択して、打ち込んだどれか一つalをaltキーを押しながらクリックして、ドラッグすればコピーできます。
このコピー方は後ほど作業効率をぐっとあげますので、是非覚えておいてください。

4小節分コピーできれば、このように見えるはずです。
スクリーンショット 2013-12-11 11.00.58

これで、このように聞こえるはずです。

少し曲らしくなったと思います。

次の記事では、音の強弱(ベロシティー)の調整と、簡単なおかずを入れてみましょう。

 

DTM初心者に向けた、簡単DTM入門講座