マイクを買うならまずはこれから!ボーカルでも楽器でも使える万能マイクの選び方


宅レコするならマイクは必需品で、楽器の音色を正確に再現するためには、とても重要なアイテムです。
プロのレコーディングでは、それぞれの楽器に合った特色をもつマイクを何本も使用します。

ですが、マイクも高価なので、個人で何本も揃えるのは大変です。

なので今回は

  • いろんな楽器、ボーカルをこれ一本でそこそこ録れる
  • 3万円以内

の条件で、管理人が実際に使った中でおすすめできるマイクを紹介します。

SHURE SM57

SM57の特徴

  • 世界中のライブハウス、レコーディングスタジオに1本は置かれているであろうほどの定番機種
  • 1万円前後で購入できる
  • タイトな低域、フラットな中域、ギラつきすぎない高域
  • 頑丈で、オールマイティーに使用できる

楽器用のイメージが強いSM57ですが、ボーカルにも結構いけます。
ただ、そのまま使用すると風切り音が強く入ってしまいますので、後ほど説明するポップガードを使用してください

SHURE BETA57

BETA57の特徴

  • 定番機種「SM57」より高域の抜けがいいセッティング
  • 指向性が狭く、音のかぶりをかわしやすい
  • 57ゆずりの頑丈さ
  • ボーカル、打楽器に対する音のヌケは抜群だが、ギターアンプの録音は少しハイが強いか

こちらはSM57の姉妹機種です。 57より抜けのいい音が特徴です。指向性が狭く、セッティングはシビアになりますがその分しっかりマイキングできればいい音が録りやすいです。

audio technica  AT4040

  • 低価格帯のコンデンサーマイクでおなじみのRODE NT-1よりフラット
  • 大きな音を入れても素直な反応をしてくれるので、ギターアンプなどにも使い易い
  • マイクにPADが付いていて、レベルが調整しやすい
  • ノイズの少なさも低価格コンデンサーの中では良い方

3万円以内で買える口径の大きいコンデンサーマイクで一押しなのがAT4040です。 良くも悪くもフラットで、後々のミックスが楽です。

 

 

AKG C214

  • 高域が綺麗に伸びている
  • 音の情報量が多い
  • 近接効果が他のマイクに比べて少ない気がする

スタジオ定番c 414の廉価版にあたるC214
高域の伸びが特徴的です。
ローが薄いとよくいわれますが、低域が弱いのではなく、高域が伸びていて目立つので薄く聞こえているだけだと僕はおもいます。 拾える音の情報量が多く、他の楽器に埋もれない音が取り易いので、ホーンなどのソロにも使えます。

ボーカル取りに必須! ポップガード

紹介した4本のマイク、どれも高音質で録れるのですが、
そのままボーカルを録音すると「ボ!」や「ボボボ!」という吹かれ音がそのまま入ってしまいます。

それを防ぐためには、ポップガードと呼ばれるものが必要です。

これをマイクと口の間に装着し、吹かれ音を入らないようにします。
実はこれ、パンストと針金で自作もできますが、それはまたの機会に紹介します。