Logic Pro X 入門動画 #2 ベロシティの調整とループの方法


動画でLogic Pro Xの入門講座2回目は ベロシティの調整をやってみましょう。

ベロシティとは

ベロシティとは音の強弱のことです。
強弱と言っても音量の大きさではなく、例えば打楽器なら強く打つ場合と弱く打つ場合では音色が変わってきます。

バスドラムを2連発で蹴る場合 ドドンと蹴ると人間なら2回目が多少弱くなるのがイメージできると思います。

これを表現するのがベロシティです。

Logic Pro Xでのベロシティの調整

今回の動画では3パターン紹介しています。

1.ノート(打ちこんだ音譜)を選んで左のベロシティスライダーを使う。

2.command+クリックにベロシティを割り当てて上下にドラッグする

3.MIDIドローウインドウから調整する

個人的にはMIDIドローウインドウを見ながら 2の方法で調整するやり方をお勧めします。

ゴーストノートについて

ゴーストノートは主に打楽器などで聞こえるか聞こえないかの音量で軽く叩いて音を出す事です。 スネアなんかで音譜の隙間をうめるといい感じになります。
ベロシティをぐっと下げた音譜を配置してかっこいいポイントを探しましょう。

Logic Pro Xでリージョンをループさせる

リージョンでフレーズを作ったら今度はループさせてみましょう。
ループはリージョンの右上でアイコンが変わった状態でドラッグすればループさせることができます。

ループさせた場合、最初に自分で打ち込んだリージョンを編集すると全部変わります。
少し変えたいときなどはコピペして使いましょう。