iOS版ガレージバンド Smart Keyboardの使い方


前回まではベースと、ギターの打ち込み方を解説しました。
今回はキーボードのフレーズを簡単に作成できるSmart Keyboardの使い方を説明します。

Smart KeyBoardの機能

ガレージバンドのスマートキーボードではおもに3つの機能で簡単にフレーズを作る事ができます。

最初にキーボードの画面を立ち上げると1枚目の画像のような画面になります。

IMG_0015

説明文にあるように、白い所をタップすれば、コードを演奏してくれます。 ベースの音を別の音を選択することも可能です。
ちなみに、コードは一回タップして画面から離さず上下すると、アルペジオっぽいこともできます。

IMG_0016

真ん中のサスティンは余韻を調整するものです。その右の階段のようなマークをタップすると、アルペジエイターといい、コードをバラバラに弾く機能を使えます。IMG_0014オートプレイの機能は、画面見たまま使えると思います。
コードネームをタップすれば、ベース音、コード音ともコードに従った演奏をしてくれます。