DTMソフトの選び方


現在DTMソフトはMac Windowsともに、無料有料問わず多くの種類があります。どれも操作は似ていますが、作曲メインか、録音メインか、DJでも使いたいのかなど、選ぶポイントは様々です。 ここでは、有名なDTMソフトを紹介していきます。

DTMソフトを選ぶポイント

  • 自分のパソコンのOSやスペックに対応しているか
  • 使用したいプラグインや、音源が使えるか
  • 打ち込み中心か?、歌ってみたや録音など中心か?DJプレイでも使うのか?
  • ソフト音源の種類、数は豊富に含まれているか?
  • 簡単に情報を調べる事ができるか?

などなど、見るべきポイントはたくさんあますが、正直ある程度有名なソフトであれば使いこなせば大差はないです。

ここからは、ソフトごとの特徴を解説します。

フリーのDTMソフト

icon_mac_garageband Garage Band
 対応OS  Mac
 コメント  Macにプリインストールされているソフトです。無料ですが、打ち込み、録音、ミックスダウンまで全てできます。特にAppleLoopsというGarageband、Logic用のループはとても優秀で、楽器や作曲知識がまったくなくても簡単に作曲できます。
Macユーザーは是非試してみてください

Garage Bandの詳細→
GarageBand入門講座→

studioone_free StudioOne 3 Prime
 対応OS  Win  / Mac
 コメント Cubase等と同じエンジニアが開発したDTM、DAWソフトです。
MIDIもオーディオトラックも無制限に増やせます。
気に入れば、有料の上位版もあります。

Studio One Freeの詳しい情報→

おすすめDTMソフト

cubase Cubase
 対応OS  Win/Mac
 コメント  おそらくDTMソフトの中で最もシェアが高いのがCubaseシリーズです。
プロでも中田ヤスタカ氏などが使用しています。
ボーカロイドとの連携性も高く、初級者からプロまで誰にでもおすすめできます。

 Cubaseシリーズの詳しい情報→

 pt ProTools
 対応OS  Win/Mac
 コメント ProToolsはレコーディング業界の定番ソフトです。
レコーディングスタジオでは圧倒的な支持を受けています。
ギターなどのレコーディングを中心に考えている方にオススメ。

ProToolsシリーズの詳しい情報→

 ableton Live
 対応OS  Win/Mac
 コメント ableton Liveは他のDAWソフトと同じような機能をもっていますが、
最大の特徴はリアルタイムのパフォーマンスに対応できるところです。
直感的な操作が売りです。

Liveシリーズの詳しい情報→

 images Logic Pro
 対応OS  Mac
 コメント Logic Proの売りはなんといってもコストパフォーマンスの良さと、シンプルなインターフェースです。
膨大な音源やループを使うことができます。また、GarageBandのデーターをそのまま引き継げるので、GarageBandからの乗り換えもオススメです

Logic Proの詳しい情報