iOS版GarageBandでドラムを打ち込み編集する


iOSのガレージバンドは、Durmmerという簡単操作でドラムをいい感じに自動で打ち込んでくれる機能がありますが、もちろん自分で打ち込むこともできます。 今回はその打ち込み方と編集の仕方を紹介します。

新規トラックを作成する

まずは新規トラックを作成しましょう。 トラック表示ビューで画面左下の「+」を押せば新しいトラックを作成できます。

すると楽器選択の画面に映りますので、Drumsを選択します

IMG_0036

楽器の打ち込み画面とヘルプの出し方

iOSガレージバンドには便利なヘルプ機能がついています。
画面右上の「?」マークをタップすると画面上にヘルプが現れます。

IMG_0038

これは他のウインドウでも共通ですので、是非使いましょう。

クオンタイズ、リバーブ、音量を調整する

IMG_0001

ipadは画面右上ツマミのようなマークで、iPhone版は、右上歯車マークから、トラックのタブで、細かな設定を調整できます。

トラック音量、パンは後で調整できるので今は触らなくても大丈夫です。

それぞれの役割ですが、

エコーはやまびこのようなエフェクトがかかります。

リバーブはエコーからやまびこを抜いて、響きだけにしたものです。 リバーブをかけると音が広がったように聞こえます。

トレブル、ベースはそれぞれ、高音、低音の音量を大小できます。

コンプレッサーは、音の大小を抑制するもので、強くかけていけばタイトな音になっていきます。

クオンタイズとは、自分で叩いて打ち込んだ時に、ずれを自動で修正してくれます。 細かく打ち込みたい時や大雑把に打ち込みたい時は変更しましょう。

録音を結合をONにしておけば、録音中ループしている時に1回目はバスドラムとスネアだけ、2回目はハイハットだけというように音を重ねていけます。

リアルタイム録音をする

画面中央上のDrum Kitの名前の所をタップすればドラムの種類が選べます。 好みのドラムを選んだら画面中央1番上のコントロールバーの赤い●を押して録音を開始しましょう。

ちなみに、ループ録音ですので、1回目はバスドラムだけ、2回目はハイハットだけと順番に打ち込んで行けます。

録音が完了すれば、トラック画面に戻りましょう。

リアルタイム録音したものを編集する

リアルタイムで録音すると、やはり多少のずれが出てきてしまいます。
細かい作業は直接打ち込んでなおすより音符を移動して修正した方が早いです。

トラック画面に戻って、録音したものを修正しましょう。

先ほど録音したトラックを選択すると、メニューがでてくるので編集を選択します

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-09-1-57-50

すると画面のような編集画面に入れると思います。
この画面でずれているとこをドラッグして修正します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-09-1-58-05

左上の鉛筆マークを右にスライドして編集モードをONにして、タップすればノートを追加することもできます。