オススメのMIDIキーボード


ここではDTMの打ち込みに便利なMIDIキーボードを紹介していきます!
種類や選ぶ時の注意点は MIDIキーボードの選び方の記事も参考にしてください。

1.入門用 低価格MIDIキーボード

便利に打ち込みたいけど、いきなり何万円も出すのはちょっと。。という時には低価格なものから初めてみるのもありです。

低価格帯でお勧めできるのは KORG nanoKeyとKORG、microKeyです。両者とも25鍵のモデルでnano Keyは実売3500円前後、microKeyは4500円前後です。

同じKORG製ですが、大きな違いは鍵盤のタッチです。NANOKEYはカチッとスイッチのようなタッチで、microKeyはある程度鍵盤に重みがあります。 nanoKeyでは正直ベロシティの表現は難しいかもしれません。

この2機種ならmicroKeyをオススメします。
microKeyには人気のあるドラム音源のEzDrummer Liteがバンドルされています。 あとピッチベンド、モジュレーションもあると便利な機能です。

2.リアルタイム録音にオススメの機種

リアルタイム録音でばんばん打ち込みたい方はには鍵盤数の多い機種をお勧めします。

オススメはM-AUDIO Keystation 49es

DTMを操作するフィジカルコントローラーなどの機能をつけず、この鍵盤数では珍しく1万円を切った価格です
とても軽量コンパクトに作られていますが、鍵盤のタッチの評価もよいです。
Ableton Live Liteがバンドルされています。

他には、クラシックシンセのタッチを再現したというNovation Launchkey

再生ボタンなどの操作はableton Liveに最適化されていますが、他の各DAWソフトでも問題なく使えます。
他、Ableton Live  Lite、Novation V-StationとBassStationが付属します。

3.コントロール機能が充実した機種を選ぶ

打ち込みより、ギターなどの録音を中心にする場合、キーボードの機能よりフェーダーなどのコントロールの機能が充実したMIDIキーボードを選ぶことをオススメします。

まずオススメするのはAKAI MAXシリーズ