Logic Pro X  よく使うショートカット


DTM、DAWを快適に操作するためにはショートカットが欠かせません。
ここではLogicでよく使用するショートカットを紹介します。

再生、録音系

再生停止→Space
頭出し→Enter
録音→R
ループのオンオフ→C

コピー、ペースト系

コピー→command+C
ペースト→command+V

コピーの仕方には2つあります。もう一つは、
コピーしたいリージョンやMIDIノートをつかんでoptionキーを押しながらドラッグ

ソロ、ミュート系

トラックのソロ→S
トラックのミュート→M

リージョン操作

リージョンの分割→command+T
リージョンの結合→command+J
リージョンを繰り返す→commad+R

画面操作

下カラムの表示を切り替える
エディター→E
ミキサー→X

ウインドウ操作はcommand+数字なので、数字だけ書いていきます。
メインウインドウ→1
ミキサウインドウー→2
ピアノロールウインドウ→4

操作系

保存→command+S
取り消す→command+z
トラックの追加→command+option+N

と、人それぞれ違うかもしれませんが、良く使用するショートカットを上げてみました。
ショートカットは、Logic メニューの、キーコマンドから変更できるので、なれた操作があれば変更しましょう。
スクリーンショット 2013-12-24 0.49.49

 ショートカットキーの変更の仕方

スクリーンショット 2013-12-24 0.54.55Logicでは自分の好きなようにショートカットを割り当てることができます。 上で書いた通り、メニュー→キーコマンド→編集から割り当ての変更ができます。
この画面上でショートカットキーを押せば今何が割り当てられているかわかります。
新しく登録する場合はコマンドを選択して、「キーのラベルで登録」か「キーの位置で登録」をクリックして割り当てるキーを押します。

キーのラベルで登録は、キーボード配列を切り替えてもショートカットを保持します。つまりテンキーの1とキーボード上の1に同じ機能を割り当てます。
逆に、位置で割り当てればテンキーの1とキーボードの1は別の役割を割り当てることができます。

自分のやりやすい環境を整えて、快適なDTM生活を送りましょう!