コードについて コードの基本3和音


作曲をする上で欠かせないのが、コードです。
ここでは、いろいろなコードについて説明していきます。

コードとは和音のことで、その音の響きで、明るい感じや、暗い感じなどを表現できます。
音を重ねたら和音ですが、奇麗に響くようにするには、ある程度ルールがありよく使う分には名前がついています。

さっそくいろいろなコードの作り方を見ていきましょう!

3和音

まずは最もシンプルなコード 3つの音で作るコードです。 Cメジャーや、Cmなど、作曲をしていれば聞いたことが有ると思います。
スケールとは?で、全音、半音について説明しました。それを含めて説明します。
まずは音を聞いてください 1つめがCメジャー、2つ目がCマイナーです。

最初の音は明るい感じがして、二つ目は暗い感じがしませんか?

メジャーとマイナーコードの音の組み合わせは、次のように作れます。
スクリーンショット 2013-12-17 11.09.44

と、楽譜で見てもわかりずらいですが、ピアノロールを見れば簡単に分かります。

CM,Cm

 

このようにCメジャーなら基本のCの音(基本になる音をルートといいます) に、
半音4つ上と、ルートから7つ上の音でメジャーコード
半音3つ上と、ルートから7つ上の音でマイナーコードができます

この関係は、基本の音が変わってもかわりません。たとえばルートがEなら、、

スクリーンショット 2013-12-17 11.26.33ルートが変わっただけで、並びはかわりません。
つまり、コピペでOK!ってことです。
自分のDTMソフトで、ルートを変えたり、オクターブを上げたり下げたりして、聞き比べてみてください。