GarageBandでコードの打ち込み


それでは、前回のドラムに、コードをつけてみましょう。

詳しいコードの解説はおいておいて、今回は日本人が大好きなカノン進行を打ち込んでみましょう。
カノン進行の基本形は、C→G→Am→Em→F→C→F→G

ガレージバンドのピアノロールではこのようになりました。
スクリーンショット 2013-12-13 22.41.25

今回は一小節ずつ打ち込んでいます。

なんとなく聞いたことのある雰囲気ではないですか?
多くのヒットソングがこの進行で作られています。

簡単にコードの打ち込み

gbカノン進行

コードについての詳しい解説は、簡単作曲入門のコードのページを見てください。
今回は、簡単にコードを打ち込む方法を解説します。
今回のコード進行は、コードにメジャーとマイナーしか使っていません。

メジャーコードはコードの基本になる音  (基本になる音のことをルートと言います。)から4つ上の音(CコードならE)と7つ上の音(G)を同時に鳴らした物です。画像のように、数で数えて、ルートから4つ上と7つ上を同時にならせば、Cコードの完成です。

マイナーコードはコードの基本(画像の説明ではA)になる音から3つ上の音(C)と7つ上の音(E)を同時に鳴らした物です。

つまり、

  • メジャーコード  ルート + 4つ上の音 + 7つ上の音
  • マイナーコード  ルート + 3つ上の音 + 7つ上の音

で構成できます!  これは、ルートが何になってもこのままです。 例えば、 Gコードなら 基本のG+4つ上のB +7つ上のDで完成です。

なので、今回の場合だと、最初のCコードさえ作ってしまえば、コピペして、AmとEmの所の真ん中の音だけ、1音ずつ下げてやればOKです。