入門用にオススメのオーディオインターフェイス


ここではDTM、宅録の入門用にオススメのオーディオインターフェイスを紹介します!
オーディオインターフェイスのスペックの見方や、選び方はこの記事を参考にしてください。

入門用ですのでなるべく低価格(3万円以下)で、ギターやボーカルのレコーディングに適したものを紹介していきます。

1.TASCAM / US-144MKⅡ
スクリーンショット 2013-12-13 10.37.50

 

まず、入門用にオススメするのはTASCAMの144MKⅡです。

USB接続で、アナログ入力がXLR入力*2、フォーン*2、MIDIのinout、ファンタム電源や、ギター、ベース用の敗因ピーダンの入力への切り替えなど必要な機能が一通りそろっています。
また、デジタル(S/PDIF)の入出力がステレオ1系統ずつついています。
大きさの割につまみは安っぽいですが、操作性はとてもよいです。
価格が1万5千円をきりますが、音質も納得できる物です。また、CubaseLE5がバンドルされていてお得です。