ドラムの打ち込み2 音の強さ(ベロシティー)簡単なおかず


前の記事で、一応リズムを作ることができました。
今回は、音の強弱(ベロシティー)と少しパターンを複雑にして、おかずをつけてみましょう!

ドラムパターンを少し複雑にする。
こちらは前回打ち込んだ、スネア、ハイハット、バスドラムのみで作ったリズムです。


スクリーンショット 2013-12-11 11.00.58
現在鳴らしているハイハットは クローズといって、閉じた状態です。

これに、オープンハイハットといって、ハイハットを開いた状態で叩いた音と、シンバルをいれてみましょう。
今回はこのように変更しました。

スクリーンショット 2013-12-11 16.59.49C2#がシンバル、Aがオープンハイハット、G#はハイハットを少し開いた感じの音色です。
あまり大きくいじっていませんが、多少かっこ良く聞こえませんか?

コツというほどでもないですが、2拍目、4拍目の頭以外に少し変わったことをすると、かっこ良く聞こえる場合があります。今回はスネアとキックは変更していませんが、スネア、キックをいじるともっと変化が出ると思います。

ベロシティーとは

ベロシティーとは音の強弱です。 MIDI音源は、この数値で音の強さをきめます。
MIDIキーボードを繋いでいる場合、キーボードを早く叩けば、強く、ゆっくり叩けば弱くなります。
ここで勘違いしてほしくないのは、ベロシティーは音の強弱であって音量の大きさではないということです。

音量を上げるときは、後ほど勉強するミックスの時に上げましょう。

ガレージバンドのベロシティの調整方法

Garagebandのベロシティ調整GarageBandでベロシティを調整するには、まず調整するノート(音符)を選んでベロシティーのバーを動かします。
ベロシティはMIDI規格で、0が無音 127が最大です。

ドラムのベロシティ調整

ドラムのベロシティーの基本的な調整ですが、今回は生ドラム+8ビートなので

ドラムのベロシティ調整このように強弱をつけました。
ハイハット+シンバルは1、3、5、7個目 つまり、それぞれの拍の頭を少し強く出して、裏を少し弱めています。
このように調整することによって、リズムにうねりを出します。
バスドラムは1発目を強く、2発目を弱くします。 これは人間の真似をしてバスドラムを2回目に鳴らすときは少し弱くなるためです。

音源はこちら

ベロシティーを調整する前の音と比べてみてください。
音にうねりがでて多少機械っぽさが減ったと思います。