かんたんGarageBand入門

Garagebandの新規トラックの作成とリージョンの作成

更新日:

実際に曲を作る前に今回は、DTMでよく出てくる言葉で、トラックリージョンというものの解説をしたいと思います

トラックとリージョンとは

DTMでいうトラックとは演奏情報やオーディオデーターをまとめて 1チャンネルとして扱うものです



下の画像で言えば、1トラック目はピアノの演奏情報をまとめたもの、2トラック目はドラムの音をまとめたものです

このように音の種類ごとに演奏情報をまとめたものをトラックといいます

リージョンは演奏する情報のことで、録音したオーディオの情報や打ち込んだMIDIを格納するものです

ややこしいかもしれませんが、やっているうちにわかってくると思うので、なんとなく理解しておけばOKです!

ガレージバンドで新規トラックを作る

 

前回の記事でGaragebandの立ち上げ方を説明しました、現在ピアノのアイコンが出ていると思いますが、MIDIでドラム音源を鳴らすために、ドラムトラックを作成してみましょう!
左上の+マークを押して新しいトラックを作り、ソフトウェア音源を選択します。

ここ以外にもメニューのトラック→新規トラックから作るか、ショートカットキー⌘+alt+Nでも作れます

するとまたトラックタイプの選択になります。 ドラムもソフトウェア音源で鳴らしますのでソフトウェア音源を選択します
ここまでできたら新しいトラックが作成できたと思いますが、最初はピアノトラックになっていると思います

Garagebandで音色を変更する

このトラックの音色をドラムに変えていきましょう 変え方は簡単で、音色を変えたいトラックを選択して、ライブラリーといういろいろな音色を選べるウインドウを出します

そして、あとは変えたい音色を選ぶだけです。 下やじるしのマークがついているものはダウンロードされていないという意味で、ダウンロードすれば使えるようになります 今回は最初から使えるSocailのセットを選択しました

 

トラックのアイコンがドラムマークに変われば音色が変更になったということです

これでプロジェクトにドラムトラックを作ることができました。

GaragebandでMIDIリージョンを作成する

ドラム用のトラックができたら、今度はMIDIデーターを格納する、リージョンを作ります。
オーディオトラックを作って実際に録音したり、MIDIキーボードでリアルタイムで演奏すれば勝手につくられるのですが、もちろん手動でもリージョンを作ることができます

ドラムトラックの上でcomandボタンを押すと、鉛筆にアイコンが変わります。

この状態でクリックするとリージョンを作成できます。

gb4

 

リージョンは長さや場所をを自由に変えることができます。
基本的な曲は4小節、8小節や16小節が一区切りになることが多いので、その長さで作っていくと効率よく作曲をすすめることができます
のちのち説明しますが、リージョンはループさせたりコピーペーストで繰り返し使うことができます

さあ次回では作成したドラムトラック、リージョンにMIDIを打ち込んで音を鳴らしましょう!!

-かんたんGarageBand入門

Copyright© 初心者からのDTM! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.