MIDIとオーディオの違いは?


MIDIとは?のページで説明した通り、MIDIとは楽譜のように、演奏情報を記録したものだと説明しました、
対して、オーディオデーターとは音そのもののファイルです。

オーディオデーターとは?

CDからパソコンに取り込んだデーターや、誰かの演奏を録音したものも、オーディオファイルです。
曲として完成した物以外に、ギターのリフだけのデーターや、ドラムのスネアだけの音などもオーディオファイルです。

オーディオをDTMソフトに取り込めば下のように「波形」となって見えます。
縦方向が音量の大きさ、横方向が進行時間です。
スクリーンショット 2013-12-10 16.35.36

DTMソフトに取り込めば、音の一部分だけを切り取ったり、音量の調節などをすることができます。

MIDIとオーディオデーターの違い

2つのファイルの違いを簡単にまとめると、

MIDI→演奏情報を記録しているだけで、音のデーターではない。
オーディオファイル→実際に演奏して音が鳴っているファイル

となります。
ですので、MIDIは音源によって音が変わりますが、オーディオファイルはどんな環境でならしても同じ音がします。
MIDIで作った曲も最終的にはオーディオファイルとして出力します。