プラグイン比較

fabfilter ProQ2 UAD Neve1073 個人的2大EQを徹底比較

更新日:

僕がmixでよく使うEQは fabfilter ProQ2とUAD2-neve1073です

Pro-Q2はアナライザーや帯域のソロ機能など便利な上、操作性も抜群、音も色付けがなくまさに「作業」に向いているEQだと思います



neve1073は逆に色付けというか、キャラクターがあり、刺すだけでサチュエーションがかかり俗に言う「艶っぽい」音になってくれます

ですが、これはあくまでも聞く人の主観なので、今回は主観を徹底的に排除して、精密にこの二つのEQを機械的に測定してみました!

専用ソフトを使って比較する

今回はrational acousticsのSMAARTという 本来はライブ会場などのスピーカーを測定するソフトを使用します
SMAARTは2つのオーディオ信号を比較して、周波数特性、位相差などを調べることができます

本来の使い方としてはPAミキサーからの出力と客席に立てたマイクからの音を入力し、ラインとスピーカーから出た音がどう違うかを確認し、スピーカーを調整していきます

今回はDAWでシグナルジェネレーターでピンクノイズを発生させ、なにもかけない音とneve1073かproQ2を通した音を比較します

ちなみに、2つの信号になにも通さずに比較すると全く変化はありません
Phaseが位相差 Magnitudeが周波数特性です

通すだけで音が変わる uad neve1073

アナログモデリング系のプラグインはよく通すだけで音が変わるといわれますが、今回も実際に測定できました

緑のラインが何も刺していない状態

紫のラインがプラグインを刺しただけ

オレンジのラインがEQ スイッチをONにした状態

周波数特性でいうと、プラグインを刺しただけで、70hzあたりから気持ちローカットが削れていくような特性になります
EQスイッチをONにすると、2.5khzあたりを中心にして、0.5db程度持ち上がり、9khz以上は減衰していくようです

ちなみにEQスイッチとは

EQLと書いているスイッチのことです これを押さないとEQがききません 押すだけで音が実際に変わっています

アナライザーでみるとよく言われる通り倍音も付加されています

青は100hz ピンクは1k それぞれにサイン波を送って計測しています

LOCUTの比較

まずはハイパスフィルターを比較してみました それぞれ80hz と160hzのデーターをとりました

まずはUAD neve1073 宣言通りのポイントから減衰できているようですが、かなり位相変化が起きています

こちらがpro-Q2
1073と比較して、他の帯域に与える影響が少ないことがわかります、位相変化も少ないです
ちなみに Pro-Q2は位相の変化を抑えるモードを選択でき今回はnatural Phaseを使用します
ちなみに、zeroLatency、NaturalPhase、LinearPhaseから選択できます
下に行くほど、位相変化はなくなりますが、レイテンシーが発生していきます

 

 

 

シェルビングEQの比較

個人的にUAD neve1073のハイを上げるのが好きなので、ハイシェルビングの比較をしてみました

UAD neve1073のハイを6db上げたのが紫のラインです 結構中域から持ち上がっているようで、ProQで同じようなカーブにしようとすると1.3kHzあたりからブーストすることになりました

ですが聞いた感じはやっぱもっと上な気がするのですが、付加される倍音の関係でしょうか、、

ちなみにローブーストはこんな感じ

それぞれ110hzからシェルビングでブーストしています UADはシェルビングとはいえピーキングぽいブーストの仕方ですね、上の方の帯域もかなり持ち上がるようです

ピーキングの比較

1.6kzを6dbブーストしてみました
こちらも1073は広範囲に渡ってブーストされるようです ProQで同じようなカーブに使用とすると、Qを0.53まで開くことになりました

まとめ

やはり全くキャラクターの違うEQだということがデーターからも見てとれました。アナログEQはよく効くという話はよく聞きますが、同じようなQカーブにしたときにどう聞こえるか?その辺りも聴き比べ結論を出すべきですね

そして最後は自分の耳を信じて使っていくしかないと思います

-プラグイン比較

Copyright© 初心者からのDTM! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.