Category Archives: かんたんGarageBand入門

GarageBandでボーカルを録音する

バンドのデモ音源や、ニコ動の歌ってみたなど、少しでもクオリティーの高いボーカルを録音したいと思います。 ここではガレージバンドを使用してクオリティーの高いボーカル録りの方法を紹介したいと思います。

1.ボーカル録音に必要な機材

ガレージバンドでクオリティーの高いボーカルを録音するには、オーディオインターフェイス、マイク、マイクケーブル、ヘッドフォン、マイクスタンドが必要です
それぞれオススメも紹介していますので、こちらも参考にしてください

マイクスタンドはなくても撮れますが、正しい姿勢で歌うとよいレコーディングができるので安物でもボーカリストは買っておくと便利です。

ケーブルはマイクと、オーディオインターフェイスのコネクタに対応したものを選びましょう。

コンデンサーマイクなどの場合、ぱぴぷぺぽの行などで炸裂音が入ってしまうことがあります。 この場合はポップガードという空気を遮断してくれる幕をつけましょう。

1.オケの取り込み

まずはボーカルのない音を用意しましょう。
ガレージバンドで作曲した曲ならそのままでOKですが、カラオケなどの場合まず音源を取り込みます。

ファイルを取り込むにはガレージバンドを起動して、ウインドウ内にドラッグアンドドロップで取り込むことができます。

2.ボーカルトラックの作成

スクリーンショット 2014-10-21 11.12.54

次は録音用のトラックを作成します。
ミックスウインドウ右上の+を選択して、オーディオのマイク入力を選択します。
このとき、詳細のところの音源の接続先が接続しているインターフェイスになるよう選択してください。

演奏や録音中に自分の音を聞くかは、インターフェイスに入力を聞く機能がある場合はオフ、ない場合はONにしましょう。

3.録音レベルの調整

スクリーンショット 2014-10-21 11.26.12

 

接続が完了したら、オーディオインターフェイスのボリュームを調整して大きすぎず小さすぎないよう調整しましょう。
一番大きな声をだして、メーターが赤くならないように調整します。

aa

 

録音レベル調整ができれば、今度は自分が歌いやすいようにヘッドフォンから聞こえてくる音量を調整しましょう。

4.録音の開始

設定ができたらいよいよレコーディングスタートです。
GarageBand上の方の●いRECボタンを押して録音を開始します。

ループボタンをONにしておけば繰り返し録音できるので、納得できるまでやりましょう。

iRigとGarageBandを使ってお手軽にギターやベースを録音する

iRigとは

IMG_0218

iRigは本来iPhoneやiPadなどのiOS機器のオーディオインターフェイスとして販売されている機

材です。

現在は後継のiRig 2も発売されています。

ギターエフェクターとしてAmpliTube FREE – IK MultimediaなどがiOSで使用できます。

iOS用に開発されているものですが、実はMacでも使用できます。
今回はiRigを使用してMacとGarageBandで簡単にエレキギターやベースを録音する方法を紹介します。

iRigとMacと楽器を接続する

IMG_0219

まず接続ですが、一本伸びているケーブルをMacのイヤフォンジャックに接続します。
ギターの絵が書いてあるところにギターorベースのシールドを差し込み、ヘッドフォンの所にモニター用のヘッドフォンやイヤフォンを差し込みます。

※iRigをMacのイヤフォン端子に接続するとMac本体のスピーカーから音が鳴らなくなります。
Irigのイヤフォン端子にヘッドフォンやイヤフォンを差しモニターしてください。

GarageBandの設定

接続できれば次はGarageBandで録音用のトラックを作成します。
メニューのトラック→トラックの新規作成で、今回はギターorベースを録音するためオーディオのギターのアイコンを選択します。

スクリーンショット 2014-09-10 2.35.56入力は1のままで、演奏中に〜〜のところにチェックを入れておいてください。

他にインターフェイスなどを接続している場合音源の接続先とサウンドの出力先を内蔵に変更してください。

以上で準備は完了です。

スクリーンショット 2014-09-10 2.39.32

ライブラリから使用したいアンプを選び録音を開始してください。
注意点としてはやはりオーディオインターフェイスよりノイズが多いのでノイズゲートの設定はシビアにしてください。 あまりかけすぎると音の立ち上がりが遅く感じます。

iRigは5000円以下で入手でき、iOS機器をお持ちの方は何かと遊べるので持っていて損はありません。
是非このやり方も試してみてください。

オーディオインターフェイスを使ってベースやギターをライン録り

内蔵の音源だけでなく、ギターやベースなどを直接曲に取り込みたい時には、オーディオインターフェイスを使います。

今回はTASCAM US-144 mkⅡという4in2outのインターフェイスとGarageBandで説明しますが、基本的な操作方法は変わりませんので参考にしてください。

144

 

1.オーディオインターフェイスをPC,Macに接続する。

今回はUSBです。他機種ではFirewireで接続するタイプもあります。ドライバーのインストールは忘れずに行いましょう。

2.ギター、ヘッドフォンの接続

2014-06-05-16.44.31

ギターはTRSフォーンの入力端子に入力します。
マイクやラインと同じところに直接さす場合、ハイインピーダンスに切り替えて使用します。(間にエフェクターをかませる場合は切り替えません。)
US-144ではGUITARというスイッチです。他機種ではHi-zやInstという表記が多いです。
ヘッドフォンはPHONESに接続します。
上のツマミのPHONESがヘッドフォンの音量です。

普通のイヤフォンしか持っていない場合、変換アダプターを使用しましょう。

3.録音用のトラックを作成してレコーディングスタンバイの状態にする。

楽器や、ヘッドフォンを接続できればDAWソフト(今回はGarageband)で録音用のトラックを作ります。
トラックはメニューのトラック→新規トラックで作成できます。
GarageBandにはアンプシミュレーターが内蔵されているので、今回はそれを使って録音してみます。
今回使ったインターフェースはギターは2chに差すので、入力を2にします。

スクリーンショット 2014-06-09 17.17.50

トラックが作成できたら、使うアンプの種類や細かい設定をスマートコントロールで行います。

スクリーンショット 2014-06-09 17.18.03

4.モニター音量と録音レベルの調整

接続、トラックの作成ができたら楽器の録音レベルの大きさを決めます。録音の音量ですが、なるべく大きく取った方がよいです。
ですが、大きすぎるとクリップといってひずみの原因になります。 オーディオインターフェイスの入力のつまみで一番大きな音を出す時に、下の画像くらいメーターが振れるよう調整しましょう。

スクリーンショット 2014-06-09 17.15.03
PCに取り込ませる音量を決めたら、トラックを再生してヘッドフォンで聞き取りやすい音量に調整します。

 

5.録音する

レベルの調整ができたらいよいよ録音です!
音を入れたいフレーズの少し前から録音を開始して、あとでいらないところをカットしましょう。
ループレコーディングをONにしておけば、自分がOKだと思うまで繰り返し録音することができます。

GarageBandのループレコーディング

 

GarageBandや他のDTMソフトには、ループレコーディングといい、同じフレーズを繰り返し録音する機能があります。
やり方は、ループ範囲、(画像上の方小節が黄色くなっている部分)を指定して、ループをONにしてから録音します。

スクリーンショット 2014-06-09 17.24.59

 

何度か繰り返し録音すれば、下の画像のように最適なテイクを選択することができます。
スクリーンショット 2014-06-09 17.25.15

 

GarageBand入門講座 曲の書き出し

作曲、ミックスダウン、マスタリングが終わったら曲をiTunesやCDに書き出したり、SoundCloudで公開してみましょう!

GarageBandからiTunesに曲を送る

GarageBandで作曲できたら、iTunesに曲を送って、iPodやiPhoneに取り込んで曲を聞いたり、CDに書き出せるようにしましょう。

iTunesに曲を送るには、メニューの共有から、曲をiTunesに送るを選択します。

スクリーンショット 2014-04-09 10.47.30

 

 

そして、タイトルなどを入力します。
プレイリストを作って管理すると分かりやすいです。 せっかくなので非圧縮を選択して送りましょう

スクリーンショット 2014-04-09 10.51.31以上でiTunesに取り込むことができます。

Garage BandからSound Cloudで公開する

GarageBandからSoundCloudに作曲した曲を簡単に公開することができます。 同じくメニュー→共有→SoundCloud…を選択します。

するとログイン画面になるので、ログイン情報を入力しましょう。
*先にSoundCloudへの登録が必要です。

スクリーンショット 2014-04-09 10.58.38ログインが完了すれば、あとはitunesに曲を送ったように、タイトル等をつけて、共有を押せば完了です。

 

 

 

GarageBand入門講座 プラグインを追加する

GarageBandにはエフェクターや音源が多数はいっていますが、DTMを進めればもっと色々な音色やエフェクターが欲しくなると思います。

そこで使用するのがプラグインといい、後付けで音源やエフェクトを足せます。ここではガレージバンド11でプラグインの追加方法と使用方法を説明します。

 

プラグインの種類とGarageBandで使えるプラグイン

DTMのプラグインには様々な形式があります。 主なプラグインの形式として、VST、AU(audio Units)、RTAS、TDMなどがあります。
このうちGarageBandで使用できるのはAU形式です。

では実際にやっていきましょう。 今回は定番のKompleteのフリー版KOMPLETE PYAYERSをインストールしてみます。

発売元のNative Instrumenstsのホームページ

http://www.native-instruments.com/jp/

から、製品、KOMPLETEと進んで無償のページのKOMPLETE PLAYERSをダウンロードします。

スクリーンショット 2014-01-29 11.17.58

KOMPLETEは自動インストーラーが付いているので、インストールすればもう使えるようになっています。
インストールが完了したら、GarageBandを起動して早速使用してみましょう。

プラグイン音源を使用する

GarageBandを起動したらプラグイン音源を使用するトラックを作りましょう。
内蔵音源を使用する時と同じく、ソフトウェア音源を選択します。

トラックが作成できたら、Smart Controlを開き、スマートコントロールの右上のiをクリックして詳細設定を呼び出します。

スクリーンショット 2014-01-29 11.29.31

Audio Unitsの項目のところにプラグインを追加していきます。
今回は先ほどダウンロードしたKOMPLETEに入っている、KONTACTを選択します。

スクリーンショット 2014-01-29 11.28.44

適応されたら、KONTAKTの設定画面が出ていると思います。
フリーですがかなりの音源が入っているので、好みの音源を探しましょう。

スクリーンショット 2014-01-29 11.31.16

プラグインを自分で追加する

プラグインは自動でインストールしてくれるものもありますが、自分でフォルダーまで移動して使用するタイプのものもあります。

保存場所は、Macintosh HD→ライブラリ→Audio→Plugin→Componentsに保存します。

使用方法は同じです。

GarageBandでミックスダウン

ガレージバンドでの作曲も大詰めです。
今回は今まで作ってきた曲の各音量の調整、イコライザーの調整、リバーブなどのエフェクターをかける ミックスダウンという行程の解説です。

今回調整していくのはこちらの音源です

スクリーンショット 2014-01-16 23.04.23

音量を調節する

GarageBandの各トラックの音量はトラックの右側のスライダーでできます。

スクリーンショット 2014-01-16 23.05.12

このスライダーをドラッグで音量の調整ができます。 またダブルクリックで数字で打ち込むこともできます。

ミックスダウン 音量割合の基本

ミックスに音量に特に決まりはないですが、ポップスやロックだとある程度リズムを聞かせる必要があります(ドラム、ベース)

その上にコード楽器をのせてメロディーで包むのが基本です。
今回はこれくらいにしました

スクリーンショット 2014-01-16 23.04.23
http://dtm-beginner.me/wp/wp-content/uploads/2014/01/song16vol.m4a

最初のファイルに比べて多少聞きやすくなったと思います。
ここでコツですが、まず音の小さい物を上げるより音の大きな物を下げることが大切です。

というのも、音を上げすぎるとクリップといい音が割れる現象が起こってしまいます。 最終的な音量はマスタリング行程で上げましょう。

各楽器にイコライザーをかける

では次にイコライザーで音質の調節をしましょう
スマートコントロールを開いて、EQタブにします。

スクリーンショット 2014-01-16 23.18.25 1

右下のAnalyzerという所をクリックすればどの帯域で音がなっているのかが分かります。

イコライザーとは

イコライザーとは大雑把に言えば音質を整えるための機材です。
家庭用オーディオやカーオーディオにも付いているのでなんとなく分かる方も多いと思います。
DTMでよく使うのはパラメトリックイコライザーという、種類を使います

イコライザーのパラメーター

パラメトリックイコライザーには 主に3つのパラメーターがあります。
1.Frequency =周波数を中心にするかです。 周波数は低いほど低音、高いほど高音です。

2.Gain =どれだけ音量を上げるから下げるか

3.Q=Frequencyで選んだ周波数の中心からどれだけの幅にするかです。

文で説明するより実際に触った方が早いのでDTMソフトで色々試してみてください。

各楽器のイコライジングのコツはまたの機会に説明しますが、おおざっぱには

ドラム 100Hzくらいを上げ、400Hzを下げ7000以上を少し上げて迫力とキレを出す。

スクリーンショット 2014-01-16 23.49.09

ギター 1kHzあたりをあげて存在感を出す

スクリーンショット 2014-01-16 23.49.17

タンバリン 8kHz以上の高域を削ってギターを聞こえやすくする

スクリーンショット 2014-01-16 23.49.28

などの調整を行いました

調整した音源がこちらです。 最初の音源と聞き比べて見てください。

聞きやすくなってるはずです。いくらメロディーやフレーズがよくてもミックスがぐちゃぐちゃだといい音楽にはなりません。

自分が納得するまで調整しましょう!

GarageBandのアルペジエータの使い方

GarageBandにはアルペジオフレーズを自動で作成してくれる、アルペジエータを使用できます。

簡単な使い方を説明します。
まずはベタにコードを打ち込んでみましょう。

スクリーンショット 2014-01-10 17.04.58

GarageBand作曲講座で使用した黄金進行です。
1小節をそのまま押さえただけです。

これをGarageBand付属のアルペジエータを使ってもう少しオシャレにしてみようと思います。

まずはスマートコントロールのメニューバーの右上にあるアルペジエータのスイッチをONにします。

スクリーンショット 2014-01-10 23.10

アルペジエータのプリセットを選ぶ

アルペジエータをONにしたら、次はプリセットを選択しましょう
スイッチの右側から選択できます。

スクリーンショット 2014-01-10 23.19.13選択肢の上側のNote Order、Rate、Octave Rangeは詳細の設定です。
まずは気に入るプリセットを選択しましょう。
気に入るプリセットがあれば、次はで細かな設定をしていきましょう。

Note Orderは演奏する方向を選択できます。 Upは低音から高音、Downは高音から低音へ弾いていきます。

Rateはアルペジオの音譜サイズです。 1/8 や1/16などから選択できます。

OctaveRangeは打ち込んだコードから何オクターブの範囲でアルペジオをするか指定できます。

フレーズごとに指定したり、細かな編集などはできませんが、アイデア作りには便利な機能ですので、是非使ってみてください!

 

 

 

 

GarageBand講座 アルペジオの打ち込み

前回までの講座で、ベースを打ち込みましたこれで大分曲ぽくなってきましたが、ピアノはまだコードを単純に弾いているだけです。

今回はコードをバラバラに弾くアルペジオに改造しようと思います。
ベースの打ち込みまでの音源はこちら

現在ピアノはこんな感じでコードだけを弾いています。
スクリーンショット 2014-01-10 17.04.58

これをバラバラに弾いたり、拍の頭以外でコードを鳴らし曲に表現を出しましょう!

アルペジオの打ち込み

アルペジオはコードの構成音をバラバラに弾きます。
構成音とはコードについてで説明している、コードを鳴らすために必要な音のことです。

Cコードならドミソ、Amコードならラドミです。
この各コードの構成音を同時に弾くのではなく、バラバラに弾く演奏方法です。

今回はこのように打ち込んでみました。
スクリーンショット 2014-01-10 17.44.19

構成音ならオクターブが違っても大丈夫です!
打ち込みのポイントは構成音を少しかぶられせて打ち込むと生っぽさがでます。

あまり派手にするとメインのメロディーとぶつかることが多いので、メロディーの邪魔にならないよう他のトラックをミュートしてメロディーと合わせて聞くとすっきりした進行になると思います。

アルペジオのベロシティ調整

ベロシティーが同じだとこれも表現が出づらくなるので、一番の低音は軽く強めに出すことが多いです。
それと人間の指の性質上、移動していくと力が弱くなるので、だんだんベロシティを弱くしていくと人間ぽさが出ると思います。

今回でこのような曲になりました。

ちなみに、GarageBandにはアルペジオのフレーズを自動で作成できる、アルペジエータという機能もあります。
アルペジエータについてはこちらで説明します

格安でGarageBandにApple Loopを増やす

初期状態のGarageBandにも膨大なApple Loopが入っていますが、どんどん作曲をしていくともっとループを増やしたく鳴ってくると思います。

以前はJam Packといい、GarageBand用にジャンルごとに追加音源が発売されていました。 現在販売は中止されていますが、
Logic Pro Xユーザー、もしくはMainStage3というAppleのソフトウェアを使用していれば、ダウンロードすることができます。

Unknown

2014年1月現在 Logic Pro Xの価格は ¥19800、 Main Stage3の価格は3000円となっています。

画像はMain Stage3の前ソフト、Main Stageですが、追加方法は同じです。

MainStage 3 – Apple
Logic Pro X – Apple

Apple Loop追加方法

メニュー→Main Stageから追加コンテンツをダウンロードをクリックすれば画像のようなウインドウが現れます。
スクリーンショット 2014-01-07 17.22.15

Jam Packコンテンツにチェックを入れ、右下のインストールをクリックすれば、ダウンロードが始まります。
20GB以上の容量になりますので、HDDの空き容量を確保しておきましょう。

ダウンロードが終了すれば、GarageBandを起動すれば、ループが増えているはずです。

Logic Proにするか、MainStageにするか

これは個人のお財布の事情によって決めかねますが、、、
Logic Proはプロでも十分に通用するソフトですので、DTMを本気でやりたい方は少々値ははりますが、Logic Pro Xをオススメします。

逆にDTMはバンド用の作曲と割り切って使う場合Main Stageという選択も全然ありだと思います。
プロのミュージシャンでも使っている方は多数いらっしゃいます。