「ミックスダウン入門講座」 一覧

コンプレッサーの種類を聴き比べ

ミックスダウンには欠かせないコンプレッサー スレッショルドやレシオなどは、操作していくうちに役割を覚えたと思いますがコンプの種類について意識したことはありますか? 実はコンプには大まかに分けて、 真空 ...

コンプの使い方 スネアにかけてみる

以前コンプのパラメーターの説明をしましたが、今回は実際に録音したスネアに使い、その効果と実際のパラメーターを検証してみましょう。 コンプレッサーの基本 コンプレッサーの基本的な使い方は、大きな音を小さ ...

ミックスダウン入門講座 バランスの取り方と音量調整の順番

ミックスダウンでは、ある程度EQやコンプで楽器の音を決めたら、音量の調整をしていきます。 一般的には 1.バスドラム、ベース 2.他のドラム 3.リズム楽器(パーカッションやタンバリンなど) 4.ピア ...

no image

ミックスダウンをする環境

ミックスダウンをする前に、最低限の環境を整えましょう ヘッドフォンだけでやり切ることも可能ですが、できれば自分に合うモニタースピーカーを探すことをオススメします。 モニタリング環境を整える 高価なモニ ...

no image

人間の耳の特徴

人間の耳は様々な特徴を持っています。 DTMでミックスダウンをする時にも邪魔になったり、面白いミックスができる特徴を持っています。 ここではDTMをする上で知っておく方がいい人間の耳の特性を解説します ...

音ってなんだろう? 音の三大要素、波形の見方

音の三大要素とは ミックスダウンをする前に、いつも無意識に聞いている音について少し勉強しておきましょう。 世の中には数えきれないほどの音が存在していますが、「音圧」「音程」「音色」という3つの要素が合 ...

ゲートの使い方

ノイズゲートは設定した音量以下の音をカットするダイナミクス系エフェクトです。 アンプのノイズなどのカットに使う人もいますが、これはオートメーションで下げればいいです。 なので、どういう場面で使うかとい ...

ミックスダウン講座 ディレイの使い方

ディレイは、やまびこのように、音を遅らせる効果をもつエフェクトです。 ギターやボーカルによく使われ、リバーブと同じように音に奥行き感や響き感を出してくれます。 下の動画は僕の好きなACIDMANですが ...

ミックスダウン講座 コンプレッサーの使い方

コンプレッサーの役割 DTMでコンプと言えば、音量を上げるために必要と良く言われますが、これは半分嘘で半分正解です。 コンプレッサーの本来の役割は大きい音を小さくすることです。 音を大きくすれば割れて ...

リバーブの使い方

リバーブは音に残響効果をつける空間系のエフェクトです。 元の音に対して響きを加える目的で使用します。 使い方次第でツヤがでたり、雰囲気をがらりと変えることができます。 ミックスダウンでは必ず使うので、 ...

Copyright© 初心者からのDTM! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.